犬の病気で悩むあなたへ|「安楽死」という選択について

犬

 

愛犬の病気と安楽死

 

この記事を読むための時間:3分

 

いずれは訪れる愛犬の死。
できれば痛みや苦しみを伴うものにはなって欲しくないですよね。
「安楽死」は愛犬が苦まずに最期を迎えるための選択肢の1つです。
しかし責任感のある飼い主ほど、「最後まで看取らない罪悪感」や「人為的な死を選ぶことが正しいか」に悩む傾向にあります。
そこで今回は飼い主が犬の安楽死を選ぶ背景や愛犬を安楽死させる手順について解説します。

 

飼い主が犬の安楽死を選ぶ背景

安楽死とは、飼い主や獣医の判断によって愛犬の命を経つことをいいます。
動物愛護法第7条4項では、「動物の所有者はできる限り、当該動物がその命を終えるまで適切に飼養することに努めなければならない」と記されています。しかし、同時に正当な理由がある限りは動物の安楽死も認められています。

では「正当な理由」とは何なのでしょうか。
正当な理由とは、主に次のようなケースです。

  • 犬の心身に耐えがたい苦痛がある場合
  • 犬の病状が深刻で完治する見込みがない場合
  • 犬が凶暴で飼育管理が非常に困難な場合
  • 転居・離婚・重度のアレルギーで飼育を続けられない場合

 

日本の法律では犬は飼い主の持ち物と位置付けられているため、虐待でない限り愛犬をどう扱うかは飼い主の意向が尊重されます。
したがって、安楽死を正当とするかは飼い主の良心と責任に依拠するのです。

 

保健所と安楽死の違い

保健所の殺処分と安楽死は「死の過程で苦しみを伴うかどうか」が違います。

保健所では犬を殺処分専用のケースに追い込み、密閉して二酸化炭素ガスを噴出して窒息死させる処分方法です。
したがって、二酸化炭素ガスを吸って意識を失うまでの時間は苦しみを伴います。

一方で安楽死は死の過程で愛犬が苦しむ状況にはなりません。
安楽死では犬が苦しみを感じないようにあらかじめ意識を失う薬を投与します。
その後、心臓機能を止める薬を投与して速やかにかつ眠るように死を迎えさせるためです。

 

犬を安楽死させる手順と費用

犬の安楽死を選択した場合、どのような手順と費用で行われるのでしょうか。

 

犬を安楽死させる手順

先述した通り、犬の安楽死は薬剤投与(ペントバルビタールナトリウム)によるものが一般的です。
「ペントバルビタールナトリウム」には中枢神経に作用して心臓や脳の働きを一瞬にして停止させる作用があります。

犬を安楽死させるまでの手順は次の通りです。

  1. かかりつけ獣医に安楽死について相談する
  2.  飼い主が愛犬の安楽死の決断をする
  3. 安楽死の当日に犬を病院の処置室に連れて行く
    (※動物病院によっては自宅に往診して処置してくれる場合もあります)
  4.  犬の静脈にカテーテル(薬物を注入するための柔らかい管)を挿入する
  5. ペントバルビタールナトリウムが投与される


安楽死前には、かかりつけ医と納得のいくまで深い話し合いを重ねることが大切です。
獣医の意見をしっかりと聞きながら、飼い主としての考えを十分に理解してもらえるまで話し合ってください。

 

犬の安楽死でかかる費用

安楽死にかかる費用の相場はおよそ10000円です。
かかる費用は、犬の体重や動物病院によって異なります。

 

犬の病気と安楽死|飼い主は後悔のない決断を

犬の安楽死をさせるべきかどうかには正解がない分、飼い主にとっては精神的な負担が重くのしかかるものです。
安楽死を決断した人のなかには、安楽死を選んで後悔している人も少なくありません。
一方、「愛犬が病気でこれ以上苦しんで欲しくないから、安楽死で楽にしてあげたい」という考えもあります。

安楽死をさせるべきかの判断は飼い主に任されているぶん、後悔しない決断が必要です。
病院側からの安楽死を提案されたからといって、治療の放棄や安楽死を強要されているわけではありません。
どうしたら愛犬の苦しみを減らせるのか、飼い主が納得して最後を見届けられるのか、十分な時間をかけて考えてください。

関連記事

最高品質の食材と食文化をお届するペットフード専門商社 |華正貿易株式会社

ペットの知育おやつカンパニーNo.1を目指す | 華正貿易株式会社

大切な家族であるペットの健康を維持できるよう、厳選した素材を使って作る栄養バランスの良いペットフードの生産と販売を一貫して行っております。ドライフード・ウェットフードをはじめ、ご褒美やストレス解消・歯の健康におすすめのペットガムなど、安全性・品質・生産量・スピード、すべてにおいて最高品質の食材と食文化をお届いたします。

会社名 華正貿易株式会社
住所 〒104-0033
東京都中央区新川1-3-9(宮崎新川ビル7階)
電話番号 03-6262-8517
営業時間 10:00~18:00
定休日:土日祝

ペットの知育おやつカンパニーNo.1を目指す | 華正貿易株式会社 大切な家族であるペットの健康を維持できるよう、厳選した素材を使って作る栄養バランスの良いペットフードの生産と販売を一貫して行っております。ドライフード・ウェットフードをはじめ、ご褒美やストレス解消・歯の健康におすすめのペットガムなど、安全性・品質・生産量・スピード、すべてにおいて最高品質の食材と食文化をお届いたします。

〒104-0033
東京都中央区新川1-3-9 宮崎新川ビル7階

03-6262-8517

03-6262-8518

10:00~18:00
定休日:土日祝